So-net無料ブログ作成
検索選択

天皇陛下、種もみをお手まき(産経新聞)

 天皇陛下は13日、皇居内の生物学研究所わきの苗代で、稲の種もみをまかれた。

 昨年収穫したうるち米の「ニホンマサリ」と、もち米の「マンゲツモチ」の2種を約30センチ四方の苗代20区画に丁寧にまかれた。

 来月中〜下旬の田植え、秋の稲刈りも陛下自ら行われる。収穫された米は11月の新嘗(にいなめ)祭など、皇室の祭事で供物に使われる。

【関連記事】
奈良・西大寺 皇甫東朝の名記された墨書土器出土 外国人名記された初の遺物
静養中の両陛下、須崎御用邸入り
みやびな舞と宮中の桜を堪能 京都御所、春の一般公開始まる
両陛下が伊東市で「池のさと」ご散策
眞子さまがICU入学式ご出席
外国人地方参政権問題に一石

雑記帳 龍馬も飲んだお酒再現、幕末のこうじ菌使う 長崎(毎日新聞)
与謝野氏、新党結成で参院選後に言及へ(産経新聞)
小沢幹事長 衆院選マニフェスト見直さず(毎日新聞)
カラスの巣で2700世帯停電 材料の針金が原因(産経新聞)
キャッシュカード詐取で携帯販売会社社長を逮捕(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。